ja07 クラッチ調整 二段クラッチ | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

82000kmの道のり


みなさんこんにちは!!

朝晩寒くなり、オートバイとの蜜月生活はこれからが正念場と

言ったところですよね??でも、やっぱりオートバイが大好きなので

これからオートバイ道を突き進んでいきますよ!!

さて、そんなセカンドバイクのスーパーカブ110(通称:JA07)ですけども、

走行距離が、82,000kmを超えました!!82,000kmと言えば、地球を

約2周分を走り切ったことになりますね!!我ながらビックリ!!(笑)

そんなこんなでこの距離なりのメンテナンスをしましょう!!

ということで、クラッチ調整をしておきましょう!!

クラッチ調整については、遠心クラッチエンジンのオーナー様なら

気になるところでしょう??

そして、様々なカブ系オーナー様のHPも覗いていらっしゃる

でしょうから、簡単に端折りながら整備の様子を

リポートしておきますね。

まずは、14mmのメガネレンチ&マイナスドライバー。

これらさえあれば、クラッチ調整はOK!!

サクサクと調整を進めていきましょう!!

1.エンジン右側の真ん中ら辺にある14mmのボルトを緩める。

この時に注意したいのが、ボルトを緩める回転数ですね。

緩める回転数が少ないと調整しても上手くいきませんので、

必ず、2回転以上は緩めて下さいね。

2.緩めてたら、14mmボルトを保持して、中のネジを

マイナスドライバーで時計回りに止まるまで回してから、

今度は反時計回りに止まるまで回す。

※時計回りも、反時計回りも止まるまで回すがポイントです。

3.反時計回りまで止まるまで回したネジを1/8回転戻す。

つまり、45度戻すということですね。ですので、少しだけ

戻すようにしてくださいね。

4.1/8回転戻したネジを保持したまま、14mmのボルトを

締め付ける。

文章で書くと簡単なのですが、締め付けのさじ加減とかが、

ニュアンスで通じない部分もあるので、みなさんトライ&エラーしながら

調整してみてください。

調整が上手くいくと、シフトペダルを踏みっぱなしの状態では

タイヤが回らず(クラッチが切れた状態)、シフトペダルを離すと

タイヤが回ります(クラッチがつながった状態)。

簡単なので…と言ってもみなさんそれぞれ、整備スキルも違いますし、

「楽勝!!」という方もいれば、「レンチって何??おいしいの??」

というレベルの方もいらっしゃいますのでね。

先ほどもいったように、一概に言えないのが悩ましいです。

でも、やってみると案外「案ずるより産むが易し」ですので、

ぜひチャレンジしてみてくださいね!!


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


ページの先頭へ