ダイヤの原石 | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

ダイヤの原石


オレって天才かも??

そう思わせたのは、そう。中学校に入学したての最初の全国統一模擬試験。

 

全国の中学1年生を対象にした、国語・数学・理科・社会・英語の5教科の

試験があったのです。この5教科はおおよそ30年前の教科なので現在とは

違っているでしょう。

 

試験の内容は大昔の事なので、一切記憶の中には残っていないのですが、

数学と理科だけは「良く出来た」確固たる自信がありました。あとの

3教科は…??う~ん。本当に記憶がない。出来は良くなかったのだろう。

 

事実、理科と数学だけに関しては。

 

理科は、5位!!数学に至っては、3位という好成績!!

 

全受験者数は前述したとおり全国の中学1年生なので100,000人強は居ました。

トップ1%以下はおろか、0.0001%以下の超優秀領域ですね。

さすがにこの年齢(40代)ではその片鱗は見つからないかも

しれませんが…(笑)

 

現在でも、理数関係に関しては苦手意識がないので高校・大学は理系に

進みましたし、現在でもほんの少しは残っているのかも?

 

誰だって得意や取り柄はあるのだよ

 

上記のように、理数関係は得意なのですが、他にも得意なことはあります。

それは音楽。幼稚園の頃に、町内会の催し物のカラオケ大会で細川たかしの

「北酒場」を唄って以来、音楽は大・大・大好きであります!!

 

そういえば、小学校の頃も音楽の先生によく「声が良い」と褒められたなぁ…。

そういう風に褒められると益々調子に乗って良く唄っていましたね。

なので、小学校での音楽の成績は5段階中5ばっかり。

 

それは中学校に進級しても同様でしたね。やっぱり音楽の成績は、10段階中

10がほとんど。(1、2回「9」だったのは記憶にあります。)なので、

オレ自身に音楽に対しても苦手意識がなかったのはいう間でもありませんね。

 

好きものには「苦手意識が無い」

当たり前の事を書いてしまいましたが、これは逆の事も言えるのでは

ないでしょうか?「苦手意識が無いから好きになる」。

 

なかなか嫌いなモノに対しては好きになるのは難しいかもしれませんが、

苦手なモノを克服するヒントになるかもしれませんね。


ページの先頭へ