好奇心旺盛すぎ | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

好奇心旺盛すぎ


「わあ~どうしよう!!(汗)」

なんでそんなことをしたのか自分自身でも分かりませんでした。

あれは、保育園に通う3歳の頃のお話し。この当時から周りの人間に

馴染めなかったオレは、一人砂場で砂遊びをしていました。

 

砂を一杯かき集めて泥団子を作って悦に浸る。そのうち泥団子では

飽き足らなくなったのですね。砂場をほじくり返していると

中から粘土のようなものを見つけたのですよ。それはなんと…

 

ネコちゃんのうんち(笑)

好奇心旺盛なオレは、粘土だと思い込んでそれを丁寧に細長く整えて

キレイな円錐状の物体にしました。もともとネコちゃんのうんちは

それほど大きくないものですから、小指大ほどの大きさのものなんです。

 

それをおもむろに鼻の穴に突っ込んだんです!!なぜなんでしょうね??

でもオレは鼻の穴にきっちりと収まったネコちゃんのうんちに大満足!!

ではそれを鼻の穴から取り出しましょうかね?ん??あれ??

 

「鼻の穴からうんちが取れへん!!どうしよう!!」

取ろうとすればするほどうんちが鼻の奥に入ってしまいとうとう

取り出せなくなりました。パニックになったオレは近くに居た保育士さんを

呼んで救急車を呼んでもらいました。耳鼻科にてうんちの取り出し完了。

 

なんでそんなところに隠れているの?

ある日、両親と一緒に餃子のO将にクルマで行った時のこと。お店に着いて

父がクルマを駐車スペースに停めるから「先にお店に入って」とのこと。

オレはクルマを降りてお店に入ろうとしました。

 

でもなぜか、その駐車スペースになにか珍しいモノが落ちていたのですね。

もう35年以上も前のことなのでその「珍しいモノ」がなんだったのかは

記憶にすら残っておらずモヤモヤしているのですが。

 

オレは父がクルマを駐車しようとしているのはお構いなしにクルマの後ろの

死角に入ってしまったのです。みなさんもうお分りですよね??そう。

父のクルマに轢かれてしまったのです。

 

幸いにもオレはクルマにぶつかってこけた程度なので擦り傷で済んだのですが

これらの事をキッカケに、「自分の行動次第で結果どうなるか?」を

身を以って学習したのでありました。痛い目をすると確実に学習できますね。

 

 

 

 


ページの先頭へ