オレのオートバイ偏愛♪2 | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

オレのオートバイ偏愛♪2


「質実剛健」という表現が似合う1台

みなさんおはこんばんちは!!ザッキーです。いかがお過ごしのことでしょうか??

みなさまから大変ご好評を頂いているこのオレのオートバイ偏愛シリーズ。今回の

オートバイは、ホンダ・フリーウェイでございます。

 

ホンダ・フリーウェイ(mf03)

オートバイに詳しい方々でもフリーウェイをご存知の方はそんなに多くないでしょう。

今日のビッグスクーターブームの先駆け、パイオニア的存在である、250ccスクーター。

重厚長大になり過ぎた現行のビッグスクーターとは一線を画す、軽量・コンパクトなスペック。

 

装備重量145kgのライトウェイトボディに14.9kw(20ps)/7000rpm、22Nm(2.2kgm)/5500rpmを発揮する水冷単気筒OHCエンジンを搭載して

「街中最速」の称号を欲しいままにした俊足スクーターであります。

 

見た目は大人しいビジネス向きのスクーターって感じでしょ??でもこれが

当時のバカッ速い2ストロークスーパースポーツ、NSR250(装備重量151kg/33.8kw(45ps)/37Nm(3.7kgm))とよーいドンで勝負した際には、

スタートから15m程度まではこのフリーウェイが速かったのですよ!!

 

シングルシリンダーエンジンのおかげでダッシュ力は抜群、でも振動少なく

メカニカルノイズは極小、静粛な心臓で、最高速はメーターを少々振り切る

くらいの動力性能はありましたね。

 

足回りはやっぱりタウンランナーとしての用途を優先した乗り心地の優しい仕様。

 

前回ご紹介したリードにも採用されていた「TLAD(トレーリング・リンク・

アンチ・ノーズ・ダイブ)サスペンション」。ブレーキング時に前方につんのめることが無く安定した制動フォームを維持できるのが特長ですね。

 

メット韻スペースは広くて、フルフェイスとジェットヘルメット1個ずつ収納できましたし

ガソリンタンクも9.2L、燃費も実質で30km/Lを超えましたのでロングツーリングも楽勝。

 

これまた手放したのが惜しいオートバイ。現在でも走っている姿を見掛けることがありますので

現在オーナーの方は末永くいつまでも大事に乗って頂きたいですね!!

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ