口笛も出ますよね♪ | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

口笛も出ますよね♪


春一番の吹く暖かい日には(笑)オレは普段バイクに乗っていると、よく歌うのですよね。

洋楽から邦楽、童謡、クラシックやジャズ。果てはアニソンまで。

ジャンルを問わずその時の気分にあった歌を歌っています。

 

で、調子良く歌っていると信号待ちにつかまる。バイクの

ギアをニュートラルにしてそれからより大きな声で歌う。

すると、隣の車線のクルマからなにやら視線が…?

 

「はっ、しまった!!」そうです。自分自身はヘルメットを

被っているので周囲の人々には気づかないだろうと

思っているのですが、それはとんだ間違い。

 

意外と周りに自分の歌声が聞こえているのです。

この時期だと、4輪のドライバーさんたちは車の窓を開けて

走っていることがあるので、オレの声はダダ漏れ状態…(笑)

 

そんな時でも動じず、ちょっとサムアップなんかしてみる。

恥ずかしがるようなそぶりを見せると逆にカッコ悪いのでね。

サムアップに応じてくれるドライバーさんって案外いるのですよ。

 

 

CARELESS/STEPHEN BISHOP('75)

 

ステファン・ビショップ(スティーブンとも読む)のケアレスというCD。

確かエリック・クラプトンもギターで参加してたような??

(記憶違いならごめんなさい…)

 

特にオレが大大だ~い好きなのがT.10の「Save it for a rainy day」。

ちなみにこの曲の邦題は、「雨の日の恋」。

でも、この歌の内容は、雨の日のことを歌ってないのやけど??(笑)

 

本来の訳詩だと「いざという時のためにとっておく」そうです。

ん??何??何のために??歌の感じからはわからんかったんかなぁ…。

「邦題に直訳してどないすんねん!!」←ツッコミ入りました。

 

それはともかく、イントロから歌入りに代わってからのドラムの

ハイハットが16ビートになるのが曲調の大人しさとミスマッチして

良いのです。逆に、サビのYou better save it for a rainy day~の

部分のハイハットが8ビートに戻るのが「ん??」というアレンジ。

 

洋楽好きさんもそうでない方もぜひ聞いてみてや~♪


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ