ネオレトロってオシャレさん | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

ネオレトロってオシャレさん


どのようなトレンドにおいても、「古さと新しさの融合」した

良いものがありますよね。懐古趣味なんですけど、上手く新しい物の

良さが織り込まれていてオレは惚れ惚れするのです。

 

例えば、カワサキZ900RS。

 

 

ガソリンタンクからテールカウルに至る丸みを帯びたボディーラインが

彼のZ1(Z1はペットネーム。正式名称は900super4)を

彷彿とさせるではありませんか!!

 

「ゼファーもあったやん?」との声も聞こえてきますが、ゼファーも

Z1準じているとの解釈なので、ここでは割愛します。

 

ほんで、Z1。

 

 

やっぱりガソリンタンクからテールのラインの印象はそのままですね。

あと、ガソリンタンクのオレンジ&ブラックのカラーリング。

通称・火の玉カラーなんて言われてますね。

 

こうして見ると、古くても良い物は残し、より良いものにするために

新しくするところはアップデートをする。温故知新~古きを尋ねて

新しきを知る~良い物は後世にまで受け継ぎたい。

 

 

アップタウン・ファンク/マーク・ロンソン(フィーチャリング

ブルーノ・マース)(2014)

 

そう考えると、「アップタウン・ファンク」もネオレトロっぽい??

 

パッと聞きでは70'sのファンク・ミュージックのノリノリ感が

たまらなくアゲアゲのイケイケの…(中略)。ほんでも、21世紀の

コンピューター打ち込みサウンド(←死語)全盛の音楽創りが見られる。

 

もう一つ思い出しました。

 

 

ヴァネッサ・パラディ/ビー・マイ・ベイビー(1993)

 

フランスのシンガー、ヴァネッサ・パラディの歌う「ビー・マイ・ベイビー」

どことなくロリータチックでカワイイ彼女。当記事を執筆時点では

40代後半の彼女の声はレベッカのNOKKO調の、あるいは、

元フェア・チャイルド、今はバラエティ御用達のYOUのよう。

 

「ビー・マイ・ベイビー」のプロデュースはレニー・クラビッツ。

彼との浮いた話もちらほらありました。他にもジョニー・デップや

沢山の男性との浮名話もわんさか~。ヴァネッサのハスキーロリータな

歌声で男たちは虜に??(笑)

 

 

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 岡田 より:

    バスドライバーは、運転テクにおいても尊敬いたします。特に多くの客の安全を第一に考え、細い道をすいすい行く・・・感動さえ覚えます。古いものは好きで捨てられません。僕にはバイクはプラモやミニカーの世界です。周りも勧めません、たぶんコケるのが理解されているからでしょう。ネーミングからでもデザインからでもスズキのカタナは印象的です。後はドガティの赤い印象は大好きです。これからも楽しみに見せていただきます。

  2. 岡田様、コメントありがとうございます。

    バイクってそんなに転けないんだけどなぁ
    自転車だってそうそう転けるものではないですし。まあ、固定観念があるのでしょうね…

    ぜひ毎日でも見てください。
    ブログは毎日更新しておりますので!!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ