後ろ髪引かれる想い | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

後ろ髪引かれる想い


春は別れと出逢いの季節。未知なるワクワクする出会いもあれば、

断腸の思いで惜別の別れを告げなければならないこともある。

ポンキッキ。とうとうサヨナラなのですね…。

 

45年の歴史を閉じるポンキッキ(←リンクに飛びます)

 

ほんま寂しいですね??ところで、みなさんは「ひらけ!ポンキッキ」??

それとも「ポンキッキーズ」でしょうか??それぞれの世代によって

違うとは思いますし、番組自体の雰囲気も多少なりとも違うと思いますね。

 

ちなみに、オレは「ひらけ!ポンキッキ」世代。オレ等団塊Jr.世代

(1970年代産)の方々ならそうではないでしょうか??それ以下の年齢の

方々なら「ポンキッキーズ」世代なのでしょうね。

 

「ひらけ!ポンキッキ」は発達心理学を多用した

”ザ・教育番組”の味付けですよね。どちらかと言うとETV(NHK教育)で

放映されてもおかしくない番組内容だと感じます。

 

一方「ポンキッキーズ」はエンターテイメント要素の強い番組構成で

流れる楽曲は洗練されたもの。言うなれば、さしずめ”MTV”を彷彿と

させる印象がオレの中にはありますが、皆さんはどう考えられますか??

 

そういえば。「ひらけ!ポンキッキ」を通してオレはThe Beatlesの存在を

知ったのです。4~5歳のガキの頃にビートルズを聴いて育ったという

40代の方々は結構多いと思われます。

 

Let it be/The Beatles(1970)

 

ビートルズのレット・イット・ビーです。ほんまにベタですんません。

 

他にも名曲はあるのですよ。個人的に大好きなリンゴ・スターのペンによる

「オクトパス・ガーデン」とかポンキッキのミニコーナーでも使用された

「プリーズ・プリーズ・ミー」とか。

 

「レット・イット・ビー」ならある程度の人なら知っているであろうと

解釈して紹介しました。ちょっと安易ですかね??オレは??(笑)

上記のヴィディオのテイクは市販されているヴァージョンとは違うアレンジ。

 

ギター・ベース・ドラム+αのオルガンというシンプルな編成で

好感が持てます。

 

P.S.「ポンキッキ」ってどういう意味ですか?ご存知の方がいらっしゃれば

御教示頂けますか??


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ