オレのオートバイ偏愛🎵4 | モーターライフスタイリスト・ザッキーのザッキー・ストライク

オレのオートバイ偏愛🎵4


カワサキやのにホンダ並のスムースさ!?

 

みなさんおはこんばんちは!!ザッキーです!!

いかがお過ごしのことですか??

 

今回もオレのオートバイ偏愛と称してオレが現在まで

愛してきたオートバイ達をご紹介しております。

オレのオートバイの嗜好、どんなマシンが好みかと

いうのが少しでもお分かり頂けましたらこれ幸いであります。

 

今までご紹介したマシンは、シングルシリンダーマシン

(単気筒エンジンのマシン)が多かったですよね??

偶然そうなっただけの話ですが、シングルシリンダーのマシンは

独特の鼓動感と低回転からのダッシュ力が鋭いのが

好感が持てたのでした。

 

そのようなマシンも好みでしたが、ここで心機一転

毛色の違うマシンも楽しんでみたいと考えた結果、

チョイスしたのがこのマシンでありマッスル🎵

 

カワサキ・ゼファーχ(カイ)

90年代のネイキッドブームを支えたゼファーシリーズの

ハイパフォーマンス仕様のゼファーχです。

「χ」は、エックスではなく「カイ」と読むのですよね。

 

カイは確かギリシャ語であると記憶しとるのです。

「ゼファー」も確かギリシャ神話の「西風」って意味ですよね。

「西風=カワサキ」がホンダ・ヤマハ・スズキを駆逐すると解釈できるのです。

それにしても、カワサキはギリシャが好きなのですね??(笑)

 

オレが所有しとったのは、写真上にあります初期型(ZR400G1・96年式)。

フロント:110/80-17 57H、リア:140/70-18 67Hという変わり種サイズの

タイヤでしたので、タイヤ選択の難しいマシンでしたよ。

 

やので、リアだけワンサイズアップの150/70R18、それも前後ともミシュランの

ラジアルタイヤ、マカダムを履いとりました。あとは、BEET社製のショートマフラー

程度のライトなカスタムで楽しんどりました。

 

ノーマルゼファーの2バルブから4バルブへとグレードアップした心臓部は、

冒頭でも言いましたように、ホンダのオートバイ並みに静粛性が高く、スペックは

回せば39kw(53ps)の出力を発揮。とても速かった印象を覚えています。

 

 

その割に、燃費も25km/L程度と400ccの4発エンジンとしてはとても優秀でした。

 

レギュラーガソリン仕様でしたが、あえてハイオクタンのものを使用していたからかもしれませんね。

 

このゼファーΧも手放したのが名残惜しい1台ですね。

 

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ